2009年09月26日

チャットレディでストーカー!?

こんばんは。

ミキティですよ。

今回は私の恐怖体験です。

うっかり、住所や電話番号を教えるとどうなるか。

チャットレディにはこんなリスクもあるんだなと
知っておいてもらえればいいかな、と思います。

>>>続きを読む前に⇒人気ブログランキング

チャトレを始めて2か月ぐらいのときで
ちょうど収入も少しずつ伸びてきて手ごたえを感じ始めたときです。

いつも通ってくれるお客さんがいて
それはそれはとーーーっても親切な人でした。


そんなわけで私も
携帯の番号とアドレスを聞かれて教えてしまったわけです。

正直にいうと
毎日、来てくれるからお金を落としていってくれる
いわゆるいいお客さんだったわけです。

だから手放すのがもったいない、
というとっても今思えば卑しい気持ちが相当にあったわけです。


当然、
そこまで教えてしまえば、チャットどころではなく、
ライブチャットで話すよりは電話ばかりかかってくる毎日。

電話番号を教えたことが完全に裏目に出てしまったわけです。

お仕事中は電話やメールは返せないので
そんな日が続くと、相手の男性も怒り心頭です。


だんだんと脅迫まがいの話になったりと
怖いことになってきました。

結局、リアルで何かされることはありませんでしたが
この事態を収拾するのに私は電話番号を変え、メールアドレスも
変えることになったわけです。


もちろん、
ライブチャットにはいるわけですから、
チャットルームにはきました。

何時間も話して納得してくれなくて
結局、どうしていいかわからなくなった私は運営事務所に
相談することなり…。

それっきり、その人はこなくなりましたが
安易に連絡先やリアルの個人情報を教えるのは慎重にしないと
と思いました。


今思えば、
私のお金、お金という気持ちが招いた結果だったのだと思います。

お客さんとは一線を超えないという気持ちを持てていたら
こうはならなかったはずですからね。

これからチャトレを始めようとする人は
お金ばかりに気をとられないように、相手を楽しませることが
一番大切だということを忘れないでね^^ -----------------------------------------------------------
posted by ミキティ at 19:38 | Comment(0) | チャトレのお仕事へ対する不安とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。